10/13の空手レッスン。手押し相撲をしてみました

習志野市東習志野のこども空手教室、空手道 高田道場です。

今日の稽古は以下のメニューでした:

今回は、ゲームとして、手押し相撲を行いました。足場を決めて、手のひらで押し合う、足の位置が動いてしまったら負け、というゲームですね。やったことがある人も多いですよね。二人で向かい合って、「相手の動きに応じて技を出す」という意味で、組手にもつながると思っています。とはいえ、道場生には、まずゲームとして、楽しんでもらえたかな、と思います。今日は参加者が少なかったですが、多いときにやると盛り上がりそうです。

最後はスクワットでした。スクワットは腕立て伏せと比べると、初心者でもやりやすいようです。太ももが、地面と平行になるまで、しっかり脚を曲げて戻します。今回はみんなで10回しましたが、その後、小学校2年生の道場生は、20回までできました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中