ミット打ちの基本

習志野市 東習志野のこども空手教室、空手道 高田道場です。

高田道場では稽古の中で、基本・移動稽古に加えて、ミット打ちをほぼ毎回実施しています。ミット打ちは、初心者にも分かりやすくて、ストレス解消にもなります。もちろん、上級者も、特に組手の稽古には、なくてはならない稽古メニューです。

ミット打ちとは?

ミット打ちは、キックミットに対して、実際に、突き・蹴りを当てます。ミット打ちをすることで、突き・蹴りが当たる瞬間の、体の締め方・力の伝え方がより具体的に分かります。また、基本や移動ではうまくできていなかったことが、実際に当てて力を伝えることを通じて、「自然と」できてしまうこともあります。

キックミットは、相手の突き・蹴りを受けるための、手・腕に持てるサイズのミットです。突き・蹴りの打ちごたえを感じられるくらいの固さと、一方で、技を出す側も受け手側も(あまり)痛くないくらいの柔らかさ、衝撃吸収性がある素材でできています。手に持つ、小さいサンドバッグのようなものですね。

ミット打ちのポイント

ミット打ちでは、たとえば、

  • まず最初は、基本に忠実に「正しい形」で行い、
  • 次に、形はある程度無視して、「全力で」力強く行い、
  • 改めて、「正しい形」で、速く・余計な動作をせず・ガードを崩さず、「スキを作らない」

といったように、同じレッスン時間の中でも、各回ごとにテーマを決めて、実施することが大事です。もちろん「力強くて、スキのない」突き・蹴りが理想ですが、そうするためには、最高に「正しい形」でやってみることと、最高に「全力」でやってみることの両方をして、その感覚や技を擦り合わせて行くことになります。どっちつかずで漫然とするのではなく、「正しい形」「全力」「全力の中でできるだけ正しく」など、しっかりテーマを決めて取り組みましょう。

その他のポイントは下記です。上記したように、各回でテーマを決めながら、最終的には、ひとつひとつの技を、組手試合に臨んでいるような緊張感と完成度で、実施できるようにしましょう。

  • 相手の正面に立ち、ミットというより、相手を見る
  • ミットの中心に、速く、強く当てる
  • 予備動作を少なくし、ガードを維持する

また、ミットを受ける側のポイントは下記です。ミットの受けをうまくできると、攻撃側にとっての稽古の質が向上します。道場生同士で交互に持ち合う時は、注意しあいながら、上手にできるようになっていきましょう。

  • 体の近くに構える
  • すばやく、適切な位置・角度に構える
  • 構えたら、当たるまで動かさない

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中