7/25、移動稽古をはじめました@Zoom空手教室

こども空手教室、空手道 高田道場です。

Zoom教室も、開始してから、かれこれ3ヶ月が経ちました。カメラの前でできる稽古として、基本稽古を中心にレッスンを行ってきましたが、いよいよ、基本稽古の技は、ほとんどすべてマスターするまでになってきました。年長さんの男子生徒は、コロナ禍でレッスン休講になるまで、数回しか教室レッスンは受講してなく、また、そのお母様は、Zoom教室での受講のみなので、ほぼほぼ、Zoom教室だけで、基本稽古を覚えていただきました。空手の通信教育というと、ひと昔前は、現実味がない話のように思っていましたが、やればできるものですね。

今日のレッスンから、移動稽古もはじめました。基本稽古だけなら、広さは2畳(2m*2m弱)あれば足りるのですが、移動稽古は、4畳半(3m*3m弱)を対角線に使うくらいの広さを使います。また、前に進んだあとは、方向を180度転換して、逆方向に進むので、号令の声だけに従って稽古していただく形になります。そんな形で、Zoomだと不便なことが多いのですが、初めての移動稽古は、思いのほか、うまくできたように思います。号令をかけながら、私自身も実際に移動をしてみせるのですが、カメラに背を向けて進んで、後ろから、生徒の気合の声が聞こえてくるのは、ちょっと不思議な感じというか、ネットを通じて、しっかりと号令が通じているのが感じられて、頼もしく感じました。

本日のレッスン内容