空手道について

空手道は、沖縄・琉球が発祥の、素手による打撃を中心とした武道です。

試合や競技会では、「形」(かた、と読みます)と「組手」(くみて)の2つの競技形式があります。「形」は、空手の突き蹴りの技を用いて行う、いわば演舞です。「組手」は、二人が相対して、お互いに攻撃し合う試合です。

空手の流派は、数限りなくたくさん存在しています。

この教室では、空手道の四大流派のひとつである、剛柔流の空手に準拠した「形」と、防具付きルールの「組手」を、それぞれ指導します。