前屈立ち

習志野市東習志野の空手教室、空手道 高田道場です。

前屈立ちは、腕を使った攻撃に、最も強い力を伝えることができる立ち方です。移動稽古で初めて覚える立ち方で、形でもたびたび使われます。

ポイント:

  • 足の横幅は肩幅、前後の幅は2歩分くらいです
  • 前足は、つま先を前方に向けて、ヒザをしっかりと、上から見たときにつま先が見えなくなるまで、曲げます
  • 後ろ足は、完全に前を向けることはできませんが、それでもあまり開かないようにし、ヒザをまっすぐに伸ばします

足を肩幅の広さで立ち、そこから、右足を大きく後ろに引いて構えます。

Footprint-Zenkutsu

構えると同時に、左腕で下段払いをします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中