手刀の顔面打ち

剛柔流の空手教室、空手道 高田道場です。

手刀の顔面打ちは、円弧を描く軌道で打つ、手刀による攻撃です。

手刀の顔面打ちのポイント:

  • こめかみ(目の高さの、顔の側面)を狙います
  • 手刀を手のひらを上に向け、地面と平行にします

手刀を頭の後ろに構えます。打ち始めに手のひらを上に向けたら、そのまま、「手のひらの上にコップを載せてるように」手刀を地面と平行に維持して、―

肩を中心に水平面に弧を描くようにして、同時に腰も回しながら、相手のこめかみ(目の高さの顔の側面)に手刀を当てます。引き手の手刀も地面と平行に、まっすぐ指を伸ばして、ヒジを引きます。

左手で打つ時も、同様です。

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中